関西電子情報産業協同組合.KEIS

Kansai Electronics Information industry Society

この画面は、簡易表示です

90 その他

賦課金(年会費)変更案内

5月26日の総会にて、賦課金徴収規定の変更が可決されました。

若手企業の参加を拡大するため、以下の内容を加えました。

1.新規加入した年度の賦課金は1/2とし、次年度の4月から通常の賦課金とする。
2.設立3年以内の企業は、賦課金を1/2とし、設立3年を過ぎた時点の次年度の4月から通常の賦課金とする。
3.ただし、2と3の併用は行わない。

賦課金算定基準は以下のとおりであり、資本金、従業員数のうち、いずれか大きい方に該当するもので算定します。
上記の新しい規定に該当する場合は1/2となります。

詳細は、http://keisnet.jpn.org/join/participation/をご覧ください。

当組合への加入をお待ちしております。

[賦課金算定基準]

資本金 従業員数 賦課金
(月額賦課金)
500万円未満 10人未満 70,000円
(5,840円)
500万円以上 1,000万円未満 10人以上 20人未満 100,000円
(8,340円)
1,000万円以上 2,000万円未満 20人以上 30人未満 130,000円
(10,840円)
2,000万円以上 3,500万円未満 30人以上 50人未満 170,000円
(14,170円)
3,500万円以上 6,000万円未満 50人以上 70人未満 200,000円
(16,670円)
6,000万円以上 70人以上 240,000円
(20,000円)


融資制度のご案内

今、融資を受けるのが難しくなっていると言われています。
一行に偏りがある場合、行政や政府が関連する融資制度を活用し、バランスを取って借入優位にすることが、先々有用となります。
そこで、商工中金、日本政策投資銀行、大阪府、大阪市の融資制度をご案内いたします。

商工中金については当組合が商工中金の株を保有しているため、組合員の方々は商工中金の融資制度を活用することができます。
また、組合員である証明書を事務局で発行させていただきます。

日本政策投資銀行の融資制度は、組合員に関係なく、日本政策投資銀行が規定している条件に合致すれば活用することができます。

大阪府・大阪市以外の組合員の方々はお手数ですが所管の行政機関にお問い合わせください。
類似の融資制度や、所管行政機関独自の融資制度があると思われます。

以下をクリックしていただきますと、各融資制度についてPDFで閲覧することができます。

商工中金融資制度
日本政策投資銀行 中小企業事業融資制度
日本政策投資銀行 国民生活事業融資制度
大阪府中小企業向け融資制度
大阪市小規模企業者向け融資制度

制度の詳細・ご相談・お申込みにつきましては、PDFに記載されているそれぞれの機関の窓口までお問い合わせください。



IT導入補助金案内

12月19日より、経済産業省による平成28年度補正「サービス等生産性向上IT導入支援事業(IT導入補助金)」の応募が開始されました。

事業内容
ITツール(ソフトウェア等)のサービスを導入しようとする中小企業・小規模事業者に対して、その事業費等の経費の一部を補助(補助率2/3)するものです。

詳細 https://www.it-hojo.jp/

応募スケジュール
書類申請期間 平成28年12月19日(月)~平成29年1月13日(金)
電子申請期間 平成29年1月11日(水)~平成29年1月17日(火)

説明会
日時:平成29年1月10日(火)15時
場所:経済産業省 本館 地下2階 講堂(東京)
申込先:https://www.it-hojo.jp/shien/

お問合せ・ご相談先



ものづくり補助金案内

平成28年度補正「革新的ものづくり・商業・サービス開発支援補助金」の公募が以下のとおり行われております。

詳しくは以下のサイトをご高覧ください。
http://www.maido.or.jp/mono_H28/
大阪府以外の企業は所管の中小企業団体中央会等にお尋ねください。

また、平成25年度に活用された企業が大阪府中小企業団体中央会のサイトで紹介されており、当組合員の中では以下の企業が紹介されています。
社名からは企業HPへ、事業名からは事業内容(PDF)をご覧になれます。

フジキンソフト㈱  :  グローバル競争力強化の為のスマホ活用「進化型POP」の試作開発

㈱ワイズ・ラブ  :  無電池型棚札システムの試作



Call for IoT知財活用ビジネスフォーラム

10月24日、グランフロント大阪にて、一般財団法人 関西情報センター主催の「Call for IoT知財活用ビジネスフォーラム ~新IT分野の新たな技術・知的財産での連携提案フォーラム~」に参加しました。
http://www.kiis.or.jp/iot-platform/161024/

AIが普及することで、”Data is Money”になり、必要な情報は最低でも100万件であることなどが紹介されました。
また、企業からの技術紹介で、空中に画像を浮かせて、その画像に触れるとスイッチが入るなど、SFの世界が実現しており、改めて、技術進歩の速度に関心しました。

img_20161024_135637



ベトナム JAPAN ICT DAY 2016 (10/26-28) 案内

2016年10月26~28日にベトナムのハノイ・ダナンでJAPAN ICT DAY 2016が開催され、当組合も参加します。
このイベントは、2015年に当組合がベトナムでの商談会を行った際にご協力いただいたベトナムソフトウェア協会(VINASA)とその中で日本とのソフトウェアビジネスを推進するための日越IT協力クラブ(VJC)が主催するものです。
10月26日はハノイ GRAND PLAZA HOTEL HANOI、10月27・28日はダナン Da Nang Administrative Centreで開催されます。
詳細は以下をご高覧ください。英語表記です。
http://keisnet.jpn.org/download-data/vietnam-japan-ict-day2016guide.pdf
http://vjc.org.vn/japanictday/en/homepage/
ご関心がある方は、上記メニューの「連絡」からお問い合わせください。
部分参加も可能です。

vietnam-japan-ict-day2016



日中商談会20161020上海案内

近畿情報システム産業協議会(KISA)の中国事業部会を、当組合が継承し、上海での日中商談会を2016年10月20日に開催することとなりました。
この商談会は上海市软件对外贸易联盟(SOBUS)の「第14回上海软件贸易展」の一部として実施されます。
詳細は http://www.sobus.org.cn/ (中国語) をご参照ください。
参加企業は事前に商談テーマを出し、そのテーマに合う企業を中国側が集め、個別商談を行うことができます。
当組合の参加者は、10月19日に関西国際空港を出発し、2拍3日で帰国する予定です。
部分参加も可能です。
ご関心がある方は、上記メニューの「連絡」からお問い合わせください。

%e6%97%a5%e4%b8%ad%e5%95%86%e8%ab%87%e4%bc%9a201610%e4%b8%8a%e6%b5%b7



大学等合同研究シーズ発表会201609

MOBIO産学連携オフィス連続企画 テーマ別大学・高専合同研究シーズ発表会『情報通信・IoT・ICT編』第5回(9/7 13)に参加しました。
当組合が共同求人やインターンシップ等でお世話になっている多くの学校が発表されました。
当日のプログラムは http://www.m-osaka.com/jp/mobio-cafe/detail/000607.html をご参照ください。
上記サイトから各発表者の研究サイトにリンクしています。
なお、奈良工業高等専門学校様が発表された「パソコン作業者の状況把握を自動化するタスク計測システム」は、 http://www.taskpit.jpn.org/ より無料で使えるようになっていますので、是非活用してみてください。

img_use



フジキンソフト㈱小川会長への感謝状授与

当組合のフジキンソフト㈱の取締役会長の小川洋史様が平成28年春の叙勲に際して、旭日双光章が授与されたことから、小川洋史様個人として、感謝の気持ちとして、当組合に寄付をいただきました。
山崎理事長から、これからまでの当組合への貢献を含めて、感謝状を8月31日に贈呈させていただきました。
併せて、関西活性化への熱い想いをうかがい、実現に向けて取り組みについて話し合いました。

小川会長 感謝状 授与

続きを読む 



ベトナム建国71周年記念式典参加

在大阪ベトナム社会主義共和国総領事館からの招待により、9月1日に帝国ホテルでの「ベトナム社会主義共和国 建国71周年記念式典」に山崎理事長と事務局が参加させていただきました。
初めにTRAN DUC BINHI(チャン ドゥック ビン)総領事の挨拶があり、続いて関西の行政機関の首長の方々の挨拶があり、盛大に行われました。
ベトナム領事館の方々と挨拶を行い、今後の交流を深めることになりました。

IMG_20160901_183718




top