関西電子情報産業協同組合 KEIS

Kansai Electronics Information industry Society

この画面は、簡易表示です

事務局

AI技術者研修2020募集案内

主催:関西電子情報産業協同組合(KEIS) 共催:NPO法人M2M・IoT研究会

1.主旨
コロナ禍において、企業の発展にはDXが重要であり、その中でもAIの活用が鍵となっています。
AIの活用には、優秀なAI技術者が必要であり、本講座は「事例とともに学ぶAI基礎学習」、「教材プロトタイプによる学習」および「応用プロトタイプ構築学習」をもとに、現場で成果を出せるAI技術者の養成を促進します。

2.本研修の特徴

(1) 双方向型のオンライン講義(ライブ講義)の間に次のライブ講義までの期間に自習していただき、自習結果をライブ講座でフォローすることによって、理解を深める研修を行います。

(2)「事例とともに学ぶAI基礎学習」では、事例と結び付けたAIの基礎事項と「教材プロトタイプ」を結び付けて解説し、理解度を深めます。
「教材プロトタイプ」には、機能の解説、ツール・言語の使い方、ソースコードが含まれており、受講者の経験によって学習対象を選択できます。

(3)「応用プロトタイプ構築学習」では、次の3つのプロトタイプの実践的な研修を行います。
デープラーニング系ではTensorflowを、分類・回帰・クラスタリング系ではscikit-learnを活用します。

・画像分析による工場内ライン異常検知(TensorFlow活用)

・オープンデータ活用による卸売業者の注文分析(scikit-learn活用)

・時系列系 機器振動波形異常検知

いずれも、応用システムの狙い、プロトタイプの機能、構築の実現方法をわかりやすく説明します。

3.対象者
技術者を原則とします。
中堅技術者及び技術職で無くてもAI利活用により業務高度化に興味のある方(営業職、生産管理職、労務管理職等)も対象とします。

4.研修内容
・研修期間 2020年11月28日(土)~2021年3月17日(土)
・オンライン(ライブ)講義回数 7回 (すべて土曜日)
・オンライン(ライブ)講義と次のオンライン(ライブ)講義の間は自習:宿題作成
・オンライン(ライブ)講義時間帯 10:30~17:30(休憩1時間)
・オンライン(ライブ)総講義時間 42時間 (自習時間は含まない)
・参加方法 オンライン(ZOOM)
・参加条件 PCは受講者が用意すること
      PCの必要スペック:CPU:intel core-i5以上、メモリ:4GB以上、
      ディスク空き容量:80GB以上、OS:Windows10 64bit

5.カリキュラム

(1)第1回:2020年11月28日(土)
内容:AIの基礎学習-1
・AIの技術、応用の動向および本研修の狙い
・AI基礎・応用事例
・教材プロトタイプ講義(分類、回帰、クラスタリング、深層学習(DL)概要)
・環境整備(Anaconda)方法説明
・Python学習の仕方:市販の良書を紹介し学び方を解説。
・自習内容の説明

※自習;宿題作成

(2)第2回:2020年12月19日(土)
内容:AIの基礎学習-2
・自習内容の解説、Q&A、教材プロトタイプの演習の復習
・ディープラーニング(DL)の基礎講義
・DLの3機能の講義:CNN、RNN、AE
・TensorFlowインストール説明、Google Colaboratory説明
・自習内容の説明

※自習;宿題作成

(3)第3回:2021年1月16日(土)
内容:AIの基礎学習-3 応用プロトタイプの構築学習-1
・DL基礎およびCNN自習の解説、Q&A
・画像分析による工場内ライン異常検知 機能解説
・画像分析による工場内ライン異常検知 構築方式
・構築環境
・自習内容の説明

※自習;宿題作成

(4)第4回:2021年1月30日(土)
内容:応用プロトタイプの構築学習-2
・画像分析による工場内ライン異常検知 自習内容の解説、Q&A
・画像分析による工場内ライン異常検知 構築
・データを活用した学習・検証
・転移学習、推論処理の構築解説
・自習内容の説明

※自習;宿題作成

(5)第5回:2021年2月13日(土)
内容:応用プロトタイプの構築学習-3
・画像分析による工場内ライン異常検知 自習結果の解説、補足説明、Q&A
 ・推論処理の実践
 ・異常検出の実践
・オープンデータ活用による卸売業者の注文分析の狙いと目標、機能の解説
 ・実現方式の解説
 ・自習内容の説明

※自習;宿題作成

(6)第6回:2021年2月27日(土)
内容:応用プロトタイプの構築学習-4
・自習結果の解説、補足説明、Q&A
・オープンデータ活用による卸売業者の注文分析 構築
・構築結果の実行、評価
・時系列系 機器振動波形異常検知 自習内容説明

※自習;宿題作成

(7)第7回:2021年3月13日(土)
内容:応用プロトタイプの構築学習-5、全体まとめ
・自習結果の解説、Q&A
・時系列系 機器振動波形異常検知 実行、評価と解説
・振動波形発生のためのセンサ/Arduino/Raspberry Piの解説
・全体Q&A
・発表
・最終アンケート作成

6.講師
小泉寿男氏(M2M・IoT研究会 理事長、東京電機大学 名誉教授)
清尾克彦氏(M2M・IoT研究会 副理事長、サイバー大学 教授)
大江信宏氏(M2M・IoT研究会 理事、東海大学 教授)
澤本潤氏(M2M・IoT研究会 理事)
大高謙二氏(M2M・IoT研究会)

7.受講料
KEIS組合員・事業協力会員・M2M・IoT研究会員 8万円/人(7回分 税別)
KEIS-BL特別会員・KEIS組合員外・M2M・IoT研究会員外 9万円/人(7回分 税別)

8.定員:20名(先着順)  10名以下の場合は不開催

9.申込方法
件名を「AI研修申込」として、申込者の組織名・部署役職・氏名・email・受講人数を記載し、11月9日(月)までにこのサイトの「連絡」あるいはKEISのemailにてお送りください。

※厚生労働省の人材開発支援助成金の申請は、研修開始の1か月前(10月27日(火))までです。



AIセミナー・秋季交流会案内

KEISでは、10月7日(水)にAIセミナーと秋季交流会をオンラインで以下のとおり開催します。
AIセミナーは、経済産業省「地域企業イノベーション支援事業」の一環として実施し、KEIS以外のITベンダーやITユーザー(製造業・サービス業など)の方々もご参加いただけます。
ぜひご参加いただきますよう、よろしくお願いいたします。

AIセミナー ~AIを活用した新事業展開~

AIの普及が急速に進み、どのように活用するかが、あらゆる業種で必要になっています。
そこで、AIを活用して新たな事業展開に挑戦している2社から、以下のとおりオンラインで発表いただきます。
今後の事業展開のご参考にしていただきたく存じます。

●開催日時 2020年10月7日(水) 15:30~17:00

●プログラム

◎開催挨拶

◎発表1
時間 15:30~16:15
テーマ ものづくり業からものづくりプロデュース業へ
発表者 ㈱山本金属製作所 代表取締役社長 山本憲吾様
内容 ・ものづくりの可視化から見えたこと
   ・現場の抵抗を乗り越えるには
   ・ものづくりのプロセスを変革する
   ・ものづくりのタイプ別プロデュース
   ・日本のものづくりが生き残るには
   ・質疑応答

◎発表2
時間 16:15~17:00
テーマ AI画像識別技術の開発と応用
発表者 ㈱ブレイン 代表取締役 神戸壽様
内容 ・会社紹介
   ・パン画像識別(BakeryScan)の開発
   ・応用事例
   ・がん細胞診断
   ・質疑応答

◎閉会

●参加方法 オンライン(Zoom) 
※お申込みをいただいた方に接続先をご連絡いたします。

●参加費 無料

●参加対象者
・KEIS組合員・事業協力会員・BL特別会員
・KEIS組合員・事業協力会員・BL特別会員以外も方々も参加いただけます。

●定員 100名(先着順)

秋季交流会

●開催日時 2020年10月7日(水) 17:00~17:30

●内容 ブレークアウトルームでの情報交換など

●参加方法 オンライン(Zoom) 
※お申込みをいただいた方に接続先をご連絡いたします。

●参加費 無料

●参加対象者 KEIS組合員・事業協力会員・BL特別会員

申込方法

件名を「10/7 申込」として、参加者の組織名・部署役職・氏名・email・参加するイベント(AIセミナー・秋季交流会)を記載し、10月2日(金)までにこのサイトの「連絡」あるいはKEISのemailにてお送りください。



電通大 オンライン面談会 開催案内

大阪電気通信大学の来春卒業予定者対象のオンライン面談会を以下のとおり開催します。

●開催日時 2020年10月9日(金)13:30-15:30 (受付13:00開始)

●参加方法 オンライン(zoom

●申込方法
以下のgoogle formに氏名、email等をご入力ください。
https://forms.gle/YgJ4k7sfZJr11B5t5
後日、オンライン(zoom)の接続先をお知らせします。

●申込期限 2020年10月6日(火)



第100回ビジネスリンク(BL)部会開催報告

第100回ビジネスリンク(BL)部会は、オンライン(zoom)で、8月19日にMIRAIBAR㈱ の玉水社長と㈱プロポーザルの山谷社長の担当で開催しました。

個別説明会は、㈱アクテックからのご紹介で㈱プロディライト INNOVERA 事業本部 営業部の赤坂幸太様より「テレワーク・BCPに対応するクラウド電話の紹介」についてお話いただきました。

定例会では、今回100回を記念して、三宅部会長(あさかわシステムズ㈱ 代表取締役)より「BL部会の歴史と展望」についてお話しいただきました。

次にジョーカーピース㈱からの紹介で見学に来られた㈱GEクリエイティブの竹元義明様から会社紹介をしていただきました。
続いて、シンポー情報システム㈱からの勧誘でBL会員に加入された㈱富士テクノソリューションズの取締役副会長の山口雅数様と、ジョーカーピース㈱からの勧誘で組合に加入された㈱フォー・クオリアのICTデザイン部 大阪オフィス長の佐野武志様から事業紹介をしていただきました。

「withコロナ時代の商材紹介」をテーマとしたゲストスピーチとして、MIRAIBARからの紹介の神田工業㈱ 執行役員の堀田慎一郎様から「空中ディスプレイ」についてご紹介いただきました。
続いて㈱プロポーザルからの紹介の大興電子通信㈱ ソリューション事業部 セキュリティ担当マネージャーの村上卓矢様からは「非検知型のエンドポイントセキュリティソフトAppGuard」について、㈱リゾーム ソリューション統括部 山谷真也様からは「withコロナ時代の券売機」について、㈱FCEプロセス&テクノロジーの斎藤正樹様からは「RPAロボパットDX」についてご紹介いただきました。
続いて、エムエムアイ㈱からの紹介の㈱池田泉州銀行リレーション推進部 調査役 青田強様からは「ニュービジネス助成金」と「イノベーション研究開発助成金」のご案内をいただきました。

定例会の最後として、ゴルフ会の福森幹事長(日本プロテックソフトウェア㈱ 代表取締役)から次回の予定はまだ未定であることが報告され、事務局からシリコンバレー・セミナーが案内されました。
中締めの後、残ったメンバーでフリーディスカッションを行い、次回10月21日は集会できるこを願って終了しました。



阪南大学 採用直結インターンシップ マッチング会2020

7月28日(火)に、阪南大学 経営情報学部4年生10名とKEIS5社との採用直結インターンシップ受入のためのマッチング会をオンラインで開催しました。
オンラインのため、学生の方々には、グループワークを行っていただけなかったですが、企業との個別面談に時間をかけて開催することができました。
コロナの影響により、インターシップの実施も工夫が必要ですが、この出会いが良き縁となることを願っています。



シリコンバレー・セミナー第2回案内
~日本に居ながらにしてシリコンバレーを活用する方法~

6月25日にB-Bridge International,Inc.様にご支援いただき、シリコンバレー・セミナー「Afterコロナ時代のビジネスをシリコンバレーから探る」を開催させていただきました。
第2回は「日本に居ながらにしてシリコンバレーを活用する方法」をテーマに、コロナの収束が見えない中で、シリコンバレーの思考方法や人的ネットワークを日本に居ながらにして活用し、このwithコロナ時代をどう乗り越えるかについてご講演いただき、参加者の方々とディスカッションしながら進めさせていただきます。
以下の内容で開催させていただきますので、以下の申込方法にてお申込みをお願いいたします。

●日時 2020年9月8日(火) 13:00~14:30

●講師 桝本 博之様
B-Bridge International,Inc. 代表取締役社長
同志社大学商学部卒業後に東洋紡に入社し、その後シリコンバレーの研究用試薬メーカーにマネージャーとして渡米。
2000年に独立し、バイオ試薬流通の革命を起こすべく、B-Bridge International,Inc.をシリコンバレーに設立。
2014年にグローバル人材育成支援として、日本人を対象にした教育サービスを展開。
現在、Silicon Valley Japan Collegeを設立し、大学創設に向けて活動中。

●内容
以下のようなテーマについて、ディスカッション形式で進行します。
・現状を打開する策としてシリコンバレーをどのように活用できるか?
・シリコンバレーを活用するメリットは?
・アジアの方が行きやすいのでは?
・シリコンバレーの思考方法を日本企業が日本に居ながら取り入れるには?
・シリコンバレーの人的ネットワークを日本で居ながらにしてつくるには?
・自社の製品を日本に居ながらにしてシリコンバレーで広げるには?

●参加方法 ZOOM(オンライン ミーティング)
※申し込まれた方に接続先をお知らせいたします。

●参加費 KEIS組合員・事業協力会員 5000円(税込・後日請求)
上記以外 6000円(税込・後日請求)

●定員 50名(先着順)
※参加者が10名に満たない場合は中止とさせていただきます。

●申込方法
以下の申込・アンケートフォームに、9月1日(火)までにご入力をお願いいたします。
https://forms.gle/VU1FSj55HNmBKhLu6
※申込・アンケートの入力サイトは入力内容を確認する画面が出てきません。
もしも入力した内容を変更されたい場合は、もう一度ご入力をお願いいたします。



第100回ビジネスリンク(BL)部会開催案内 改定

8月19日のビジネスリンク部会は第100回の記念すべき定例会となります。
しかしながら、コロナ感染の第2波とも言われ、再び感染が拡大していることから、残念ですがオンライン開催に変更して開催することなりました。
なお三宅部会長より、これまでのBL部会の歴史を紹介いただき、今後の抱負を語っていただきます。
また定例会前の個別説明会もオンラインに変更させていただきます。
MIRAIBAR㈱ の玉水社長と㈱プロポーザルの山谷社長の担当で、以下の通り開催しますので、ご出欠等を8月17日(月)までに、ご連絡をお願いいたします。

●開催日:2020年8月19日(水)

●プログラム・時間(予定)

Ⅰ 個別説明会 13:30~14:30
  テレワーク・BCPに対応するクラウド電話の紹介
   ㈱プロディライト 紹介者:㈱アクテック

Ⅱ 定例会 15:00~17:40

1 開催挨拶 BL部会のこれまでと今後の活動
  あさかわシステムズ㈱ 三宅部会長

2 新規加入プレゼン
 1 ㈱富士テクノソリューションズ 紹介者:シンポー情報システム㈱

 2 ㈱フォー・クオリア 紹介者:ジョーカーピース㈱

3 ゲストスピーチ withコロナ時代の商材紹介
 1 空中ディスプレイ
   神田工業㈱ 紹介者:MIRAIBAR㈱

 2 非検知型のエンドポイントセキュリティソフト AppGuard
   大興電子通信㈱ 紹介者:㈱プロポーザル

 3 withコロナ時代の券売機
   ㈱リゾーム 紹介者:㈱プロポーザル

 4 RPAロボパットDX
   ㈱FCEプロセス&テクノロジー 紹介者:㈱プロポーザル

4 連絡
  1ゴルフ会
  2事務局

 中締め

5 ゲストスピーカー1社ごととのオンライン面談会
ゲストスピーカー1社ごとにブレークアウトルーム(オンライン上の部屋)をつくり、参加者は入りたい部屋(企業)をホストに連絡すると、ホストが誘導します。
途中で部屋を退出して、別の企業の部屋に入ることもできます。

●参加費:無料



新加入 ㈱フォー・クオリア

KEISに加入いただきました㈱フォー・クオリアを紹介させていただきます。
同社は2006年に設立され、Webサイト・スマートフォンサイト/アプリを中心に企画・デザイン・開発・検証・運用とワンストップで幅広くユーザーのニーズに応え、持続的成長を遂げてきました。
近年はIoT・AI関連の開発やRPAを用いた業務改善、Webサイトの集客/解析等のデジタルマーケティング領域にも力を入れています。
ユーザーがこれからも成長を続けていくために、なにをどう作るべきか、作り終えた後もどうやって育てていくか、常にユーザーの立場で考えていくことを大切にされています。
詳しくは https://4qualia.co.jp/ をご高覧ください。



新加入 ㈱富士テクノソリューションズ

当組合のBL(ビジネスリンク)部会に入会いただきました㈱富士テクノソリューションズを紹介させていただきます。
同社は1976年の創立以来40余年にわたり、製造業のものづくり支援に努めてこられ、様々な装置設計開発部門を中心に2次元CADトレースから始まり、3次元CADモデリングを経て、より高度な技術である機械設計や解析業務に携わってこられました。
ICT化が進む中、機械設計・解析だけでなくソフトウエア開発、ネットワーク構築・運用、電気・電子設計の分野でも一貫してものづくり支援を展開しています。
今後IoTにより、機械装置、家電製品、社会インフラなど全てのものがネットワークで繋がり新たな環境に適応した技術革新・業務改革が急速に進んでいきます。
同社は、常に最新技術をもって、より多くのお客様の信頼と満足をいただけるようチャレンジを続けています。
詳しくは https://www.fjtsc.co.jp/ をご高覧ください。



新加入 テラスペース㈱

 Keisに新規加入いただきましたテラスペース㈱をご紹介させていただきます。
2020年2月に設立された会社です。
京都にて人工衛星の開発を行うベンチャー企業です。
「宇宙を身近にする」という想いを込めて日々開発に取り組んでおられ、本社は京都大学の国際科学イノベーション棟の中にあります。
詳しくは http://www.terraspace.jp/ をご高覧ください。




top