関西電子情報産業協同組合.KEIS

Kansai Electronics Information industry Society

この画面は、簡易表示です

IoT-SE研修 募集案内

IoTが重要トレンドとして注目され、かつ実用化段階に入っています。
業務ソフトウエア系エンジニアはIoTの足回り(センサ等)のM2M領域や多様な通信種別等の理解を必要とし、組込みシステム系エンジニアは通信種別のさらなる理解と、脆弱なセキュリティの防御、便利なクラウド領域の理解も必要となってきているのではないかと想定しています。
そこで、
・双方の分野をクロスオーバーさせて相互理解し、
・IoTシステム構築の知識を広げてもらう
ことを目的として”IoT-SE研修”を開催します。
先駆者の事例も交え具体的に知ってもらうこともカリキュラムに盛り込みました。
参加希望の方は12月5日までにご連絡ください。

1.対象者
・業務ソフトウエア系および組込み系の双方のSEが中心
・業務ソフトウエア系および組込み系の双方の営業職も可能
2.期間 12月17日~2月25日
3.回数 6回(すべて土曜日)
4.時間帯 9:00~13:00 (最終回のみ13:00~17:00)
5.場所 グランフロント大阪 北館 タワーC 9階 VisLab Osaka
6.カリキュラム
◆第1回 12/17 土 9:00~13:00
●開講挨拶 山崎理事長
●IoT概要 西村部会長(M2M研究会関西部会)
●組込みシステム 南角先生(大阪電気通信大学)
・組込みシステム(ソフトウェア)とは
・組込みソフトウェアと業務系ソフトウェアの違い
・処理の並行性,タスクと割り込み処理
・排他制御
※PC・CPUボードを用いた実習(RTOS利用) PC・CPUボードは準備します。
講師:南角茂樹先生(大阪電気通信大学 総合情報学部 情報学科 教授) ※組込み技術の第一人者
西村雄二様(NPO法人M2M研究会関西部会長)
————
◆第2回 12/24 土 9:00~13:00
●センサ使用技術 南角先生(大阪電気通信大学)
・(シングルチップ)マイクロコンピュータのアーキテクチャ
・メモリマップ
・センサ(とアクチュエータ)
・割り込みと割り込み処理
※PC・CPUボードを用いた実習(RTOS未使用) PC・CPUボードは準備します。
————
◆第3回 1/21 土 9:00~13:00
●通信 久松先生(大阪電気通信大学)
・短距離無線通信
・3G/LTE
・無線LAN
・モバイルコアネットワーク
・TCP と HTTP
講師:久松潤之先生(大阪電気通信大学 総合情報学部 情報学科 准教授)
※ネットワーク、センサネットワーク、Webアプリケーションの研究者
————
◆第4回 1/28 土 9:00~13:00
●セキュリティ(機能安全) 神余様(三菱電機㈱)
・IoTシステムの安全・安心とは
・事故・事件事例
・内閣府NISCの枠組み
・機能安全(ソフトウェアによる安全)
・サイバーセキュリティ(制御システムのセキュリティ)
・規格適合性評価(第三者認証)
・標準化動向(IEC)
講師:神余浩夫様(三菱電機㈱ 先端技術総合研究所 ソリューション技術部 主席技師長)
※三菱電機㈱先端技術総合研究所にて機能安全システム・制御システムセキュリティの研究開発
————
◆第5回 2/18 土 9:00~13:00
●Internet of ThingsをMicrosoft Azureで実践する 太田様(日本マイクロソフト㈱)
・IoT概要
・Microsoft AzureによるIoTを構成方法と組込み機器の接続方法
・センシングデータの可視化実習
・AI・MLサービスの利用実習
※受講者各自でPC(無線LAN接続必須)持参。Windows7以上。
事前にVisual Studio 2015とAzure SDKをインストール。
参照 https://doc.co/Vz5W2U/NsXXfD
受講者各自でインターネット接続のためのWIFIルータ持参。
研修会場には開放されたインターネットアクセスポイントがありません。
持参不可の方には事務局からWAIFIルーターを1200円(予想)で貸与。
PC持参やインストールできない方の聴講のみも可能。
講師:太田寛様(日本マイクロソフト㈱ デベロッパーエバンジェリズム統括本部 テクニカルエバンジェリスト)
※50回以上もMS-Azureハンズオンセミナー講師を担当されておられるMS-Azureの第一人者
————
◆第6回 2/25 土 13:00~17:00
●クラウド活用事例
○三菱電機㈱ FAシステム事業本部 主席技師長 茅野様
・スマートマニュファクチャリングに関する動向と事例
○㈱コンテック 第3開発部 商品開発グループ長 日比野様
・自社内のIoT化実証実験結果
・デバイス・クラウドサービス紹介
○ジョーカーピース㈱ 住田社長
・農業×IoT×クラウドファンディングのビジネス展開
参照 https://camp-fire.jp/projects/view/15022
●IoT活用総論 西村部会長(M2M研究会関西部会)
————
◆懇親会 2/25 土 17:30
研修会場周辺の飲食店 実費負担(予想3500円)
7.参加費 1講座 5000円/(税込)
8.共同企画/共催
大阪電気通信大学 南角研究室
NPO法人M2M研究会 関西部会

★助成金活用
この研修で1人20時間以上受講され、勤務(出勤簿に明記され、賃金が払われている場合)として、受講される場合は、キャリア形成促進助成金の重点訓練コースの成長分野等・グローバル人材育成訓練の対象になります。
助成金を受けるには、研修前と後に労働局に申請が必要です。
詳細は以下をご参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/koyou_roudou/koyou/kyufukin/d01-1.html
助成は、経費助成と賃金助成があります。
経費助成は、1人20時間以上受講され、勤務(出勤簿に明記され、賃金が払われている場合)として、受講した場合、受講料の1/2(大企業1/3)を受け取ることができます。
賃金助成は、1人20時間以上受講され、勤務(出勤簿に明記され、賃金が払われている場合)として、振替休日(代休は不可)で受講した場合、受講者1人1時間当たり800円(大企業400円)を受け取ることができます。
振替休日と代休の違いは以下を参照ください。
http://www.mhlw.go.jp/bunya/roudoukijun/faq_kijyunhou_12.html
ご不明な点はご連絡ください。



能力開発セミナーH28年1・2月案内

当組合員の人材高度化や初中級スタッフの育成を推進するため、関西職業能力開発促進センター(ポリテクセンター関西)、近畿職業能力開発大学校(近畿ポリテクカレッジ)に「能力開発セミナー」を実施して頂いております。

1月は以下の【コース番号】コースを実施します。

(1)【B0057】PLC実践的制御技術(三菱FX編1)
(2)【B0058】PLC実践的制御技術(三菱FX編1)
(3)【B0063】PLC実践的制御技術(三菱FX編2)
(4)【B2042】回路解析によるトランジスタ回路設計と製作
(5)【B7032】電気・機械技術者のための計測・制御実践技術(GUI開発編)<VB編>
(6)【B2232】プリント基板における高速伝送線路設計手法
(7)【ED111】静電対策と測定技術

2月は以下の【コース番号】コースを実施します。

(1)【B0142】生産現場におけるPLCによる位置決め制御(位置決めユニット編)
(2)【B2082】計装制御におけるオペアンプ活用技術
(3)【B2103】ディジタル回路設計技術
(4)【B2321】Verilog-HDLによるLSI(FPGA)開発技術(アルテラ)
(5)【B2163】実践プリント基板設計製作技術
(6)【B2183】ノイズ対策・EMC設計のための電磁気学
(7)【B2192】電子回路から発生するノイズ対策
(8)【B7042】電気・機械技術者のための計測・制御実践技術(GUI開発編)<C#編>
(9)【B7071】計測・制御におけるソケットインターフェース実践技術(Java編)
(10)【B7131】通信システム構築及び機器開発のためのIPv6プロトコル仕様

詳細・お申込みは、以下をご高覧ください。

続きを読む 



大産大 カジ就&アカデミックフォーラム

11月26日、大阪産業大学にて、カジュアルなスタイルでの就職を考える「カジ就」と、先生や学生の研究成果を発表していただく「アカデミックフォーラム」を同時開催させていただきました。
カジ就では、デザイン工学部情報システム学科の約40名の学生が参加し、当組合11社がIT企業とはどういう仕事をしているのかを紹介させていただきました。
アカデミックフォーラムでは、デザイン工学部情報システム学科の高根慎也先生から、理論計算による化学反応の速度と動力学機構、分子情報科学の研究成果を紹介していただき、高橋徹先生からは、音声コミュニケーションやヒューマンロボットインタラクションの研究成果を紹介いただきました。また、学生からも、農業のIT化の研究成果を紹介していただきました。
その後、懇親会では、学生の方々から、IT企業担当者の話を個別に聞いていただき、今後の就職活動に活かしていただく機会になりました。先生方とは、共同研究など、今後の連携の話をさせていただきました。

img_20161126_153522

続きを読む 



大経大 産業セミナー2016

11月22日、ホテル阪急インターナショナルで開催された、大阪経済大学の産業セミナーに出席させていただきました。
インターンシップ実習報告では、グランプリを獲得した学生からの報告があり、講演では豊田通商㈱の人材開発部長から「リベラルアーツ教育を活用したグローバル人材の育成」をお話しを拝聴させていただきました。
懇親会では、400社、550名の企業関係者と学校の教職員の方々の交流の場を設けていただきました。
何よりも、受付、司会、撮影など、セミナーの運営を学生がやっているところが素晴らしかったです。

img_20161122_170559

続きを読む 



IKK これからのIT戦略 事例講座1

11月21日、大阪産業創造館で、IKK(大阪府異業種交流促進協議会)が開催された「IoT対応 これからのIT戦略 事例講座1」に参加させていただきました。
ものづくり企業のIT・IoT化をテーマに、㈱アスコットの森井社長とHILLTOP㈱の山本副社長の講演を拝聴させていただきました。
ともに、多くの実績をお持ちであり、今も新たなことに果敢に挑戦されており、有意義な時間となりました。
次回の事例講座2は、12月15日に㈱シナガワHILLTOP㈱の工場を見学させていただきます。
組合員にはemailで詳細案内をお送りしますので、そちらからお申込みをお願いします。

img_20161121_130442

続きを読む 



求人部会20161117開催

11月17日に、マイクロワークス㈱の会議室にて、部会員・オブザーバー・事務局の22名が参加し、第40回求人部会を開催しました。
今回は2016年度の活動報告を行い、2017年度の活動について検討しました。
2社の採用支援会社から、学生を集客し、KEISのブランド力を高め、各社の採用を促進する企画を提案いただきました。
これらの提案も含め、来春、再来春の卒業生の求人活動を推進していきます。

img_20161117_164652

続きを読む 



中核研修2016事業管理能力養成講座

11月16日に、中核人財ステップアップ研修の最終講座を開催しました。
事業管理能力養成講座として、日本ソフトウエア㈱の岡田専務、㈱ケー・エス・ディーの佐藤取締役、日本マイクロシステムズ㈱の橋爪常務に講師を務めていただきました。
IT業界におけるリーダーシップのあり方、プログラマーなどのスタッフを動かすための手法、プロジェクトの管理など、現場での体験をもとに、講義をいただきました。
次は、12月7日のロードマップ発表会で、講師の方々、企業の方々を前にして、受講者一人ずつ自らのロードマップを発表していただきます。

img_20161116_092915

img_20161116_134040

img_20161116_155238



ダナン市関係者JETRO表敬訪問

11月14日に、ベトナムのダナン市人民委員会ズン副委員長、ダナン市投資促進センター フォン副所長をはじめ、ダナン市の企業の方々を含めて18名が、日本貿易振興機構(JETRO)大阪事務所を表敬訪問されました。
ベトナム領事館のビン総領事もご出席されました。
日本側として、日本貿易振興機構(JETRO)、近畿経済産業局、(公社)関西経済連合会、大阪商工会議所と並んで、当組合も参加させていただきました。
山崎理事長からは、10月末のJAPAN ICT DAY 2016からの再会を祝うとともに、「ダナン市は街がきれいで優秀な人財が集まっており、ベトナムのシリコンバレーになる可能性がある」と話されました。
ダナン市は、無料WIFIが完備されるなどICTインフラが整い、ベトナムの新しい成長拠点と期待されており、日本企業の進出を期待されていることが、ズン副委員長から紹介していただきました。

img_20161114_144009

続きを読む 



経営サロン&BL(ビジネスリンク)部会20161206開催案内

第19回経営サロンと第79回BL(ビジネスリンク)部会を併催し、忘年会も含めて下記のとおり開催します。
全組合員(社員も含む)が全プログラムに参加可能です。
当組合員以外の方も見学参加できます。
ご参加希望の方は上のメニューの”連絡”から11月21日までにご連絡ください。

1.日時:2016年12月6日(火) 14:30~19:45
2.場所:
-会合 大阪科学技術センター 8階 小ホール
-忘年会 光のしずく 淀屋橋店
–大阪市中央区今橋4-3-18 HK今橋ビルB1
–06-6208-6320
http://r.gnavi.co.jp/k682837/
3.プログラム(予定)
-1.開催挨拶
-2.第1部 BL部会 14:35~15:30
–1.見学者紹介
—㈱HRDatabank http://about.hrdatabank.com/
–2.企業発表(15分/社)
–3.当日飛び入りスピーチ
–4.事務局等連絡
-3.第2部 経営サロン 15:40~17:10
–1.講演「みんなPMにはなりたく…ない?」
—講師:小浜耕己様(スミセイ情報システム㈱ PMO部統括マネージャー)
—-住友生命保険で情報システムの開発とプロジェクト管理に従事。
—-スミセイ情報システムに出向後、品質マネジメントシステムを担当。
—-全社PMOチームの立ち上げに携わる。
—-小説家としての顔も持つ。日本文藝家協会会員。
—-2015年4月に日経BP社より「ストーリーで学ぶプロマネの心得 プロマネ檜山の奮闘録」を出版。
—-プロマネとして、教科書に載っていない課題解決を小説で学べる。
–2.グループディスカッション(質問等検討)
–3.質疑応答
-4.事務局連絡・その他 17:10~17:20
–共済保険案内等
-5.忘年会 17:45~19:45
4.忘年会参加費
-BL会員は1名様は1000円、2名様から3000円/人
-BL未会員は1名様から3000円/人




top