関西電子情報産業協同組合.KEIS

Kansai Electronics Information industry Society

この画面は、簡易表示です

02 人財事業

ベトナム事業部会 設立説明会 案内

現在、日本では大企業の採用人数が拡大し、中小企業が優秀な学生を採用することが難しくなっています。
このため、中小企業も海外の優秀な学生を採用し、育てていくことが不可欠になっています。

一方、ベトナムは平均年齢が27歳と非常に若く、勤勉で真面目で、日本人と似ており、学生は、企業規模でなく、任せられる仕事の内容を基準に就職先を選ぶ傾向が強く、中堅・中小企業も優秀な学生を雇うチヤンスがあります。
また、新卒の賃金は日本の1/4程度です。

そこで、まずは、ホーチミン市技術師範大学と提携し、その学生の採用を考えています。
ホーチミン市技術師範大学は、2015年2月にKEISに訪問され、その年の11月にはKEISが同校を訪問し、その後、交流を深めています。

本校は1962設立された国立大学であり、現在26千人の学生がおり、学内に「越日就職トレーニングセンター」を2014年に設立し、日本企業が求める日本語やスキルを習得させ、日本企業に学生を送り出しています。
日本語はN2~3レベルの優秀な学生が集まっています。

そこで、ベトナムの大学とKEISが提携し、KEISを通して、優秀な学生を受け入れる仕組みを構築するため、
ベトナム事業部会を設立させていただきます。
また、ベトナムIT企業と連携し、ビジネス交流も展開していきます。

ビジネス交流としては、ベトナム最大のIT団体であるVINASAと連携します。
その一環として、10/26にホーチミンで開催されるベトナム JAPAN ICT DAYに参加します。
また、すでに進出している日系企業と連携していきます。

ついては、以下のとおり、ベトナム事業部会 設立説明会を開催します。

日時 9/25 月 13:00-15:00
場所 KEIS会議室(大阪科学技術センター5階)
議題
1.ベトナムからの人財確保の仕組み
 ・インターンシップ
 ・大学でのラボ設置
2.ベトナムIT企業とのビジネス交流
 ・ベトナムIT団体との交流
3.ベトナム事業部会の運営

また、この事業を展開するために10/24-28にベトナムを訪問し、以下の活動を展開します。

10/24 日本出発
10/25 ホーチミン市技術師範大学との提携調印式など
10/26 ベトナム JAPAN ICT DAY(ベトナムIT企業との交流会)
10/27 観光またはゴルフ(選択) 夜ベトナム出国
10/28 早朝帰国

つきましては、ベトナム事業部会にご関心がある方々は、9/25の会合にご出席いただきますよう、よろしくお願い致します。
詳細をお聴きいただいてからご参加をご検討いただきたく存じます。

KEISの国際活動の展開のため、多くの組合員にご参加いただきたく、ご案内させていただきます。
参加申込は9/20(水)までにご連絡ください。



ホーチミン市技術師範大学 会合など

9/5にベトナムのホーチミン市技術師範大学を訪問し、当校の学生を採用するため、インターンシップやラボ運営などについて話し合いました。
10月に覚書を交わし、この事業を推進していく予定です。
9/6には岩崎電機製作所様のベトナム工場を見学させていただき、ベトナムでの採用、工場運営の実情を拝聴し、工場内を見学させていただきました。

続きを読む 



能力開発セミナー2017年10月&11月案内

関西職業能力開発促進センター(ポリテクセンター関西)、近畿職業能力開発大学校(近畿ポリテクカレッジ)に、当組合員企業様向けに人材高度化や初中級スタッフの育成を推進するため、能力開発セミナーを実施していただいております。
この能力開発セミナーの10・11月分をご案内します。

平成29年10月は、以下の【コース番号】コースを実施します。

(1)【B2003】アナログ受動回路の設計・評価技術(RLC回路編)
(2)【B2192】実践プリント基板設計製作技術
(3)【B2251】GHz時代の高周波回路設計技術
(4)【B2271】鉛フリー手はんだ付け作業の品質管理技術
(5)【B3002】実践パワーデバイス活用技術
(6)【B5121】組込みLinuxによるネットワークプログラミング技術
(7)【B5131】組込みLinuxシステム開発(システムコール編)
(8)【B7012】電気・機械技術者のための計測・制御実践技術(プログラム開発編)<C#編>
(9)【B7032】電気・機械技術者のための計測・制御実践技術(GUI開発編)<VB編>
(10)【B7121】Webを活用した生産支援システム構築技術(JavaScriptによるWebプログラム開発)

平成29年11月は、以下の【コース番号】コースを実施します。

(1)【B0092】生産現場におけるPLCによる位置決め制御(位置決めユニット編)
(2)【B0155】PLC実践的制御技術(三菱FX編1)
(3)【B0221】産業用ロボットシミュレーション活用技術
(4)【B2051】回路解析によるトランジスタ回路設計(パワーアンプ設計編)
(5)【B2222】ノイズ対策・EMC設計のための電磁気学
(6)【B3031】ブラシレスDCモータ制御のためのマイコン実践技術(ホールセンサ制御編)
(7)【B5071】USB機器開発技術
(8)【B5141】Linuxデバイスドライバ開発技術(Raspberry Pi編)
(9)【B7042】電気・機械技術者のための計測・制御実践技術(GUI開発編)<C#編>
(10)【B7051】計測・制御におけるソケットインターフェース実践技術(VB編)
(11)【EA151】アナログ回路の設計・評価技術(FET編)
(12)【EA252】マイコンによるシリアルインターフェース技法

※【 】内の番号は、コース番号です。
詳細・お申込みは、以下をご高覧ください。

続きを読む 



新人研修 来年度カリキュラム検討会開催案内

KEISでは厚生労働省の実践型人材養成システム開発の受託を受け、そのカリキュラムを活用して、10年間、新人研修を実施してきました。
今年度の結果を踏まえ、来年度のカリキュラムを検討する会合を以下のとおり実施します。
来年度の新人研修に参加を検討しようという企業は是非ご参加のほど、よろしくお願い致します。
組合員外でもこの新人研修にご関心がある企業も参加可能です。

■日時:9/11(月) 13:00-15:00
■場所:大阪科学技術センター 5階 KEIS会議室
■議題:
1. 本年度の実施内容
2. 本年度研修に関する意見聴取
3. 来年度 改善案
1) ITコンシェルジュ講座
(1) 先端技術講座
(2) 中核人財講座・ソフトウエア開発講座
(3) 生活習慣改善講座(社会人基礎講座)
2) 専門講座
(1) 業務ソフト講座 受講者数対応
3) 運用
(1) ペナルティ制度
(2) 研修開始日
4. 来年度スケジュール案
5. 来年度 受講者数 確認
6. 助成金申請
7. その他

■補足 この研修は受講者1人当たり約50万円の助成金を受けることができます。

■出欠連絡は9/4までにお願い致します。



2017年 卒業前年度インターン ㈱ワイズ・ラブ

8/21より、㈱ワイズ・ラブにて、「『IoT体験』位置情報活用プログラム開発コース」に2名の学生を受け入れて、卒業前年度インターンシップを実施しました。
最終日の9/1の発表会では、1人ずつ自分が作成した内容を報告し、今後、どのように活かしていくのかも発表されました。
将来、IT業界で活躍されることを期待しております。



2017年 卒業前年度インターン 日本ソフトウエア㈱

8/21より、日本ソフトウエア㈱にて「制御プログラム開発体験コース」を、10名の学生を受け入れ、2チームに分かれて、インターンシップを実施しました。
8/31の最終日には、学生を送り出していただいた先生方を交え、チームごとに作成したプログラムを実演し、懇親会を行いました。



2017年 卒業前年度インターン ㈱オンテック

8/17より、㈱オンテックにて、「①プリント回路基板設計の体験コース」に2名、「②通信制御技術の体験コース」に2名、計4名学生を受け入れて、卒業前年度インターンシップを実施しております。
最終日の8/30の発表会で、今回のインターンシップで実習した内容や学んだことを発表していただきました。




top