関西電子情報産業協同組合.KEIS

Kansai Electronics Information industry Society

この画面は、簡易表示です

BL(ビジネスリンク)事業

BL(ビジネスリンク)事業は、組合員が協業・連携し、高度化・多様化する顧客ニーズに対応するとともに、新事業を創造することを目的としています。

事業目的

    • 個々企業の要員不足等により受注に繋がらないオーバーフロー案件の受注支援を行う。
    • 1社では受注困難な複合システム(ハード・ソフト一体化等)案件の受注支援を行う。
    • メンバー企業の技術者要員(余力)情報を開示し、経営の効率化・経営資源の有効活用を図る。
    • 顧客ニーズに添った提案型営業による受注拡大を図る。
    • 組合のスケールメリットを生かした相互営業支援体制を確立し、ビジネスチャンス拡大を図る。

sikumi

活動内容

  • 2ヶ月に1回の定例会・懇親会にて、メンバー間でFace to Faceの情報交換を行う。
  • 案件情報登録により、メンバーから技術的・人的なサポートを受けることができる。
  • 余力人財を登録して、人財の供給率を高めることができる。
  • 年に1回、BLメンバー対象の研修を受講することができる。

参加のメリット

  • 案件情報を得る機会が大幅に増える。
  • 技術者のタイムリーな支援サービスの供給・提供が可能となる。
  • これまで自社で対応出来ず受注に結びつかなかった案件を生かすことが出来る。
  • 自社営業活動の拡大・強化に繋がる。
  • 自社に不足している技術習得の機会が得られる。
  • 直近案件情報を目にすることによって、IT業界の動向が把握できる。
  • BL部会メンバーであることにより、相互の信頼関係が築かれているので安心して案件依頼が出来る。
  • 自社技術、商品情報を広くBL部会メンバーにPRすることによって、新たなビジネスジャンル進出の機会が得られる。
  • BL部会員は、「BL事業参加企業営業基本情報登録票」に自社の得意とする技術・分野などの営業基本情報を登録でき、案件受注のミスマッチの回避や案件の事前打診を受けることができる。

組織・運営

  • BL事業の主旨に賛同するメンバーで「ビジネスリンク部会(BL部会)」を設置し、BL部会員を中心にBL事業の企画・運営にあたる。
  • BL部会に部会長1人、副部会長若干名を置く。
  • BL部会員は、BL事業の維持・運営に必要な経費をBL部会費として納入する。




top