関西電子情報産業協同組合.KEIS

Kansai Electronics Information industry Society

この画面は、簡易表示です

業務ソフト構築から学ぶ「IT業界」SE体感コース

特長

当社は、販売・財務・人事・生産などを管理する為の業務ソフトウェアを開発しています。
このコースでは、自社で開発した業務ソフトウェアや社内で利用するために開発したソフトウェアを解析、及び機能追加・変更などを行いながら、実際のソフトウェア開発現場を体験できます。
プログラミング言語は、Visual Basic やWeb系のASP.NETを使用します。また、当社に入社し実際にソフトウェア開発に携わっている先輩社員の体験談・失敗談を聞きながら話し合う場も設けており、ソフトウェア開発の現場の本当の姿や魅力を知る機会になるでしょう。

  

カリキュラム

実習内容 講習内容
1日目 ●実習内容説明
インターンシップで行う内容について説明します。
●開発環境構築
PCへの開発環境インストールと、これから作成するプログラムの仕様説明を行います。
●社会人としての心得、業界概要
社会人として働くための一般知識について紹介します。
●情報セキュリティ説明
個人情報保護法などの内容をふまえ、情報漏洩とその対策について説明します。
2日目 ●開発・統合・環境・ツール操作方法取得
プログラム開発で使用する環境とツールについて説明します。
●プログラム言語取得
まずは練習です。フォームの作成、SQL命令の発行などを行ってプログラミングのトレーニングを行っていただきます。
●ITエンジニアに必要な知識ついて
ITエンジニアを職業として業務を行う為の必要な知識について学習します。
3日目 ●設計書・仕様の読み方
設計書・仕様書に必要な項目、内容について説明します。
4日目 ●プログラムコーディング
フォームの作成、SQL命令のコーディングなど、仕様書に沿ったプログラムを作成していただきます。
●コーディング手法について
効率よく品質のよいコーディングを行うための考え・手順を説明します。
●先輩からの体験談 ・失敗談
入社2~3年目程度の社員から、苦労談、失敗談、おもしろかったことなどの体験談を紹介します。
5日目
6日目
7日目
8日目
9日目 ●単体テスト 仕様書の作成・単体テスト
作成したプログラムのテストを行います。SEがテストすべき点を説明し、その内容に従ってテストを行います。
●テスト手法・重要性について
テストの重要性を学習した上でその方法を学びます。
10日目 ●発表会
今回のインターンシップで行った業務をプレゼンテーション形式で発表していただきます。
●プレゼンテーションについて
効果的なプレゼンテーションについて学習します。

(内容は変更になる場合があります)

受入校

大学(理系・文系)、短期大学(理系)、専門学校(理系)、高専/職業校、大学院(理系)

受講に必要な知識など

・パソコンの基本的な操作を理解していることが望ましい。
・プログラム言語(例:VB・ASP.NET)を理解していることが望ましい。
・SQL命令の基礎知識(SELECT、INSERT等)があることが望ましい。
・コミュニケーション力(質問などを整理できる能力)があることが望ましい。
※プログラムやSQLの経験がない方も先輩社員がサポートいたしますので、気兼ねなくご参加ください。

受入日程

7月30日(月)~8月10日(金)(土日は休み)

実習時間帯

9:00~18:00 (休憩60分)

事前面談

7月20日(金)午前10時~ 約30分(※日程変更する場合があります)
※事前面談は受入判定をするものではなく、受入決定後に受講者の方々の関心や経験を確認するためのものです。

受入人数

2名

受入条件

原則として、2年後の春の卒業予定者(4年制学校の場合は、3年生が対象となります)
原則として、通勤交通費は学生負担、昼食代は企業負担

企業紹介

㈱アクテック http://www.actec-net.co.jp/
実施場所: 大阪市北区大淀南 1-9-16 山彦ビル 2F
当社は、1998年7月、大阪市にて設立し、今年で20周年を迎えます。現在は業務系システム開発をメインとして、蓄積されたノウハウを活用し、業務システムや技術力の提供をしています。当社は、人間として、社会人として、ビジネスマンとしても一流でなければならないという信念を持って、積極的に新しい技術にチャレンジしています。顧客企業の業務活動を業務システムのプロフェッショナルとして支援しています。
先輩社員の中には未経験から入社した者も多数おり、お互い協力し合って、業務や勉学に日々取り組んでおります。
担当者:総務部 山下 電話:06-6442-8200





top